出会い系サイトで出会ったスタイル抜群の巨乳女性は、私が出会えた最高の女性。

出会い系サイトで出会ったスタイル抜群の巨乳女性は、私が出会えた最高の女性。

 

私は普段サラリーマンとして日々働く30代の男性です。

 

結婚もしてなければ彼女もいない、端から見たら寂しい人間かもしれません。

 

唯一の趣味といえばお酒を飲むことで、毎晩自宅で缶ビール数本を晩酌する程度でした。

 

そんな私が知人の紹介で登録したのが出会い系サイトでした。

 

彼女が欲しくない訳ではないのですが、私は彼女よりもセックスする相手に飢えていたのです。

 

登録した出会い系サイトは簡単な自己プロフィールを登録し、住んでいるエリアや好みの女性のタイプなどを入力するだけの簡単な操作で、10分もあれば誰でも登録できるサイトでした。

 

出会い系サイトと聞くと、彼女のいない男性やセックスしたい男性ばかりが登録しているイメージがありましたが、実際は彼氏が欲しい女性やセックスがしたい女性が大半を占めているのです。

 

私はルックスこそ良くありませんし、正直女性にモテるタイプではありませんが、これまで数十人の女性とセックスをした経験があります。

 

そのほとんどがこの出会い系サイトで出会った女性とです。

 

一夜限りの女性もいましたが、今でも定期的に会っている女性もたくさんいます。

 

その中でも特に思い出に残った出会いがあります。

 

つい最近の出来事ですが、ある日の休みに友人に誘われてパチンコに行ったのです。

 

普段真面目に働いていてお金をつぎ込むものもないため、貯金もそこそこあったので人生初めてのギャンブルをしたのです。

 

勿体無いなと感じましたが、ビギナーズラックってやつでしょうか。

 

その日たまたま勝ってしまったのです。

 

夕方、勝ったお金で友人と食事に行こうとしていた時に、登録している出会い系サイトで知り合った女性から連絡が入ったのです。

 

実はその女性、私の大好きなタイプの女性で、スタイル抜群の巨乳の女性だったのです。

 

一度会ったことがあり、その時は事情があって食事をしてすぐ帰らなくては行けなかったのです。

 

その為彼女とはセックスできませんでした。

 

あれから私も仕事や用事でなかなかスケジュールが合わなかったのですが、ついに休みの日に都合が合ったと連絡をくれたのです。

 

私は即座に連絡を返し、その夜とある駅で待ち合わせる約束をしました。

 

友人と別れ、急いでその駅へ向かうと、すでに彼女は待ち合わせ場所へ来ていました。

 

早く会いたくて私が来るより前からずっと待っていてくれたようでした。

 

私は嬉しくてそのまま予約した高級なラブホテルへ向かいました。

 

実は待ち合わせ場所へ向かうタクシーの中で、高級なラブホテルを予約しておいたのです。

 

彼女には一泊二日でどこかに出かけようという連絡をしておいたのですが、場所は行くまで秘密にしていました。

 

そしてそのホテルへ到着すると、彼女は驚いていました。

 

洋風の高級な外観で、中に入るととても広い部屋があり、部屋のライトは全てブラックライトになっています。

 

お風呂は大きなジャグジーで、ベッドもキングサイズでした。

 

一通り部屋を内見し、注文したシャンパンをふたり飲みました。

 

シャンパンを飲み終わるとふたりでシャワーを浴びてジャグジーへ入り、お互いの体を洗い合ってイチャイチャし始めました。

 

Fカップはある彼女の豊満なおっぱいを思う存分舐め回し、彼女のアソコに指を入れかき乱すと、アソコからやらしい汁がダラダラと溢れ出きました。

 

実は彼女と初めて会った日、お互いセックスする予定だったのですが、私の急な仕事のトラブルのせいで、その日は解散することになったのです。

 

あれから彼女はずっと我慢していたようで、今日のセックスをとても楽しみにしていたとのことでした。

 

溢れ出る彼女のやらしい汁を私が舐めて彼女を思いっきり感じさせました。

 

私も久々のセックスだったので硬くなったペニスを彼女に舐めてもらいました。

 

タマの裏から亀頭の先まで丁寧に舌を絡ませながらフェラチオしてもらいました。

 

気持ちよくなってきたところで。今度は彼女のFカップのおっぱいでパイズリしてもらいました。

 

ローションをたっぷりと彼女の谷間に塗りたぐり、私のペニスを優しく挟んでしごいてくれました。

 

気持ちよくてここで一度射精してしまいました。

 

彼女のおっぱいが私の濃いドロドロの精液でいっぱいになり、なんとも言えない征服感に満たされました。

 

彼女は射精した私のペニスを綺麗に舐めてくれたのですが、射精したばかりで敏感になっていたせいか、またすぐに気持ちよくなってしまい、そのまま彼女の口の中に射精してしまいました。

 

彼女は少し驚いていましたが「美味しい」と行って飲み込みました。

 

私を気持ちよくしてくれた彼女にご褒美をと、今度は彼女の大好きなバックで彼女に挿入しました。

 

気持ちよくてお互いすぐにイってしまいました。

 

溜まっていた性欲を全て出し切るまでふたりでセックスをし続けました。

 

彼女もとても満足そうで「人生で一番気持ち良かった」と言って、また近々会おうと約束しました。

 

私は彼女以外の女性とも肉体関係を持っていましたが、彼女と出会ってセックスをして、今では彼女以外の女性では満足できなくなってしまいました。

 

彼女は私が出会えた最高の女性です。

セフレ募集サイト