セフレ募集サイトで見つけた永作博美似の可愛い35歳人妻に中出ししました。

セフレ募集サイトで見つけた永作博美似の可愛い35歳人妻に中出ししました。

 

25歳の会社員です。

 

昔から年上の女性にしか興味がなく、同級生の女の子たちから告白されてもずっと断ってきました。

 

年上の女性と出会うことがなかった10代は、彼女は一人もいないまんま、でも、妥協して付き合うよりはいいという考えで、周りのみんなからは、絶対に長く付き合っている彼女がいるんだ、だから誰の告白も断るんだと勝手にいいように解釈をされていました。

 

俺は自分でいうのもなんですが、それなりのイケメンです。

 

TOKIOの長瀬に似ているとよく言われるせいで、勝手にワイルドだとか、女の子になれているなどと言われていましたが、実はつい先日まで、女と寝たこともありませんでした。

 

でも、今は、その女が初めてでよかったと思っていて、今もその女と付き合っています。

 

その、俺の初めての女は、35歳の人妻です。

 

俺の初めての女は結婚していて、俺との関係は不倫になります。

 

その女とは出会い系サイトで知り合いました。

 

年上の女性を探していた俺に、いいね!をつけれくれた女の中で一番魅力を感じたので、自分から連絡をしたんです。

 

人妻なんだけど、いいかなぁ?と聞かれて、俺にとってはどんぴしゃの女を逃がす理由にはなりませんでした。

 

彼女は永作博美に、似ています。

 

小柄で華奢で、笑顔がとてもかわいくて、可憐という言葉がぴったりです。

 

夫が仕事の間に会いたいの。と言われて、へいじつの昼間に時間を合わせました。

 

俺の仕事はへいじつが休みなので、彼女と会えるなら朝からでも時間を作る予定です。

 

初対面の日はランチを食べて終わりました。

 

小柄で華奢なのに、パクパクと美味しそうにご飯を食べる彼女のことをその日から何度も思い出して、一日も我慢できずに会いたいとメールをすると、なんと彼女は、私も会いたかった、と住所を送ってきました。

 

家に来て。と言われて、次の休みに俺は、彼女が夫と暮らす自宅マンションを訪れたんです。

 

先日会ったときより、普段着っぽい服装をみて、たまらなくなりました。

 

かわいくて、年上なのに守ってあげたくなる感じがいとおしすぎて、ガバッとうしろから抱き締めてしまい、振り返った彼女に覆い被さるようにキスをしました。

 

俺は180センチあるので、小柄な彼女はお姫さまだっこを軽々できるほどで、ふざけるように彼女を抱き上げてキスしながら、どこまで運べばいい?と聞くと、じゃあ、と奥の部屋を指差して、そこは、おそらく夫と寝ているであろう、ダブル、いや、クイーンサイズのベッドルームでした。

 

優しくそのベッドに彼女をおろして、もう一度隣に座り直してキスをして、髪の毛を触ると、彼女の方から腕を伸ばして俺の抱き寄せて、耳元で、しよう、今日は夫は夜遅くまで帰らないから、って言ったんです。

 

彼女が俺のシャツのボタンを上からはずしていき、はずしながら、胸にキスをして、ベルトに手をかけて、ジーパンをずらし、少しだけ固くなった俺のものをパンツから出してきて口で優しくいとおしんでくれました。

 

腕で顔を隠して、動揺を抑えるのに必死でしたが、初めてのことに、血が逆流するようなからだがとても熱くなるような、すごい感覚でした。

 

彼女もいつのまにか全裸になっていて、俺の上に乗ってきて、ちょうど乳房が俺の顔の上に来るようにしたので、夢中で乳首を吸ったり胸を揉みました。

 

かわいい声が聞こえるたびに、これからどうすればいいんだと、頭の中がぐるぐる回りだし、彼女がもう一度俺にキスをしてきて、何度も何度も唇を求めあっていると、その最中で急に彼女が動きを止めて、そこから一気に自分で俺のものを彼女の中に押し込んできたんです。

 

彼女が上になったまんま、キスもしながら、腰を何度もグラインドさせてくるので、俺も自然に打ち付けるように動かし、もう何が何やらわからないくらい気持ちよくって、彼女の腰を持って、何度も何度もうち下ろすようにすると、髪の毛を振り乱しながら感じてくれて、その色っぽい顔を見ているうちに、あの感覚が会うやってきてしまったんです。

 

いつも自分でしているときの、出る感覚、俺はゴムを着けていなかったので、ヤバイと思って、しかも早すぎるというのも自覚して、起き上がろうとすると、彼女が起き上がった俺をそのまんまがっちり抱き締めてしまい、もっと強く腰を振りはじめたんです。

 

小さい彼女を下ろすことなんて簡単にできるはずなのに、喘いで何もできなくなり、どうやって伝えよう、初めてなんだと言ったら、幻滅されるだろうか、こんなに早くいかないでよとバカにされるだろうかと、こらえながら彼女を見つめていると、出していいよ、と言ってくれて、俺はそのまんま彼女を仰向けに倒して、思いの限り腰を振りました。

 

彼女の中でどくどくと血が脈打つのがわかり、彼女はフフッと、笑って、かわいい!とキスをしてくれました。

 

どうやら、俺が初めてなことは言わなくてもばれていたようです。

 

中で全部出しきったあと、彼女は、ティッシュで押さえて下着と服を身に付けて、そろそろ夕食の買い物に出掛けるから、一緒に出ましょうと言って、何事もなかったように、二人で外に出ました。

 

あまりの出来事にその日どうやって帰ったかよく覚えていないのですが、出会い系サイトでこんなにいい女と初めての経験ができて、ものすごく満足しています。

 

それ以降も俺は彼女と付き合い続けていて、ときどきは彼女があの部屋に呼んでくれ、それ以外の日は俺の部屋に呼ぶようにしています。

 

この女さえいてくれれば、俺は他の女がどれだけ言い寄ってきても必要性を感じません。それくらいいい女です。

 

人妻セフレサイト

セフレ募集サイト