パッと見は小学生!水川あさみ似の140センチEカップ女子と生ハメ腹射|セフレ出会い系サイト体験談

パッと見は小学生!水川あさみ似の140センチEカップ女子と生ハメ腹射|セフレ出会い系サイト体験談

 

私が某出会い系で出会ったのは、22歳の女の子で今年新社会人となったばかりの子でした。

 

とはいえ私も22歳、大学を中退してフリーターをしていましたが、ちゃんと卒業して就職していれば同じ立場です。

 

私はあまり自分と相手の立場とか気にしないので、年齢も同じだしヤレそうなら良いと思って連絡を取っていました。

 

聞けば住んでるのは隣の県なのですが、その中でもどうも遠い場所でして、電車だと2時間以上掛かります。

 

ちょうど中間あたりに有名な繁華街があったので、そこで一緒に飲みに行くことにしました。

 

繁華街の駅前で待ち合わせをしたのですが、どうも人が多くて上手く合流できません。

 

電話を掛けて位置を伝えあいなんとか合流できました。

 

正直、第一印象は小学生かと思いました。

 

彼女は身長が140センチあるかないかというとても低身長でした。

 

服装はなんだかふわふわした、おしとやかな大人しい女性といった感じで子供っぽさはありません。

 

顔も、芸能人で言うと水川あさみを少し可愛い系にしたような顔をしていて、身長以外気になるところはありませんでした。

 

居酒屋に行こうと話していたので、一応身分証を持っているのか確認します。

 

彼女なら年齢確認されてもおかしくないと思ったからです。

 

無事に居酒屋に入った私たちは楽しく飲み始めました。

 

私は素直に第一印象を伝え、それを皮切りにどんどん距離を詰めていきました。

 

彼女はあまりお酒をたくさん飲める人ではなく、尚且つ飲むペースがかなり遅かったので酔わせるという手段は諦めていました。

 

なんでこんな子が出会い系なんてしているのか気になりましたが、社会人になって出会いもないし学生時代から女子に囲まれた生活だったそうで、暇潰しを兼ねて良い人で会えたら尚良しといった感じの理由でした。

 

ですが会話が弾むとお酒が進むもので、その後は少しずつ彼女がどんな人か見えていきました。

 

結構酔ってきた彼女は色々話してくれました。

 

以前高校生の時に夜道でレイプされたことがあるそうで、それ以降男性から距離を置いていたそうなのですが、大学生の時に彼氏ができ、そして長く付き合っていく中で彼氏ともセックスできるようになったのだそうです。

 

しかし問題が一つあり、彼氏のチンコが結構大きかったらしく、それ以降少し性欲が増した彼女なのだそうですが、小さい人とはしたくないのだと言います。

 

私は中学生の時にしっかり定規で測ったことがあるのですが、きっと大丈夫だろうと思いました。

 

更にお酒を飲んでからもっと酔っぱらった状態で店を出ました。

 

彼女はふらふらしながらなんだか笑顔で歩いていて、その時は素直に可愛いと思ったものです。

 

手を繋ぎながら少し歩き、向かった先はもちろんラブホです。

 

状況を理解される前にさっさと中に入り、室内でくつろごうとしたら彼女は酔って眠くなっていたのか、布団に倒れこんでいきました。

 

酔っぱらっている女の子が目の前で寝ていたらそりゃいたずら心が刺激されます。

 

私はすぐに彼女に覆いかぶさってキスし、服の上からおっぱいを触ったのですが思ったより大きいです。

 

反応するので精いっぱいという状態の彼女に対して私は更に服を脱がしていき、上半身をブラだけにしたところで下半身も脱がして、上下下着だけの状態にしました。

 

その時なんでそうしたのか自分でもわかりませんが、私は下着姿にした彼女を見ながら一度落ち着いて静かにたばこに火をつけ一服を始めました。

 

心は落ち着きましたが下は落ち着いていません。

 

しかし翌朝までたっぷり時間はあるのでせっかくならじっくりと味わいたいものです。

 

私は彼女のブラを外しておっぱいを堪能し始めました。

 

意識がはっきりしているのかわからない彼女に聞いても返事がないのでブラのタグで確認したらEカップありました。

 

この子は全ての栄養がおっぱいに集中したのでしょうか。

 

身長140センチでEカップは素晴らしいギャップでした。

 

我慢できずに彼女のパンツを脱がした後、私も全裸になって彼女の体を舐め尽くしていました。

 

そろそろ何かしてほしくなり、私は彼女の体を起こして彼女にフェラさせようとしましたが、どうやらやってくれるようなのですが口が小さいために全然入りません。

 

それでも彼女は、手を使って良いリズムでしごいて口で先っぽだけ咥えて必死に舐めています。

 

ちょっと新鮮な感じのフェラで、こういうのも良いなぁと感じていました。

 

私は普段マンコが嫌いなのですが、その時はちょっと舐めようと思い立って、せっかくなら入れる前じゃないと舐めたくなかったのと彼女へのお返しと思って舐めたのですがびっくりです、

 

ここまでの無味無臭は初めてでした。

 

独特の臭いや味が苦手な私にとっては最高の環境でした。

 

そのまましばらくお互い舐めあっていたのですが、何より彼女の身長が小さいせいで体勢がきついです。

 

ほどほどのところでやめてようやく挿入しました。

 

ここは至って普通の気持ち良さで、しばらく振り続けていつも以上に奥を突くことを意識していたところ、彼女はすごく満足げな表情をしていました。

 

生だったのでお腹の上に出し、軽く拭いてから一緒にお風呂に入りました。

 

どうやら本当に満足していたようで、お風呂の中では彼女の方からいちゃついてきました。

 

酔いも少し覚めてきたのか、だったらもう一回と思って風呂から上がってきちんと酔いが覚めた状態でフェラしてもらいました。

 

やっぱり独特な感じがたまりません。

 

挿入もしたかったのですが、ちょっと口に出したいといういたずら心が芽生えたのでそのまま彼女の口に出して、全部出切るまで吸ってもらったらそのまま飲み込んでいました。

 

愛らしく感じた彼女を抱きながらそのまま寝て、翌朝先に起きた私は横で寝ている全裸の小さい女の子のおっぱいをいじり、寝ている時に挿入してしまうのが好きなので決行しました。

 

挿入で起こし、昨夜に続いて三回目の射精を終えてからホテル内でチェックアウトまでゆっくりし、ホテルを出てからその日はお互い休みだったのでデートをして夕方に帰りました。

セフレ募集サイト