出会い系サイトで出会った堀北真希似の処女とセックスしました

出会い系サイトで出会った堀北真希似の処女とセックスしました

 

出会い系サイト利用歴2年の、30代既婚男です。

 

結婚して4年、子供はまだいないけれど妻の事は愛しています。

 

でも元々浮気っぽい所があって、独身の頃から色んな女性と浮気していました。

 

結婚してからは自分でも落ち着いてきたとは思うものの、でも時々浮気の虫が騒ぎます。

 

だからって同僚女性に手を出したり合コンに参加したらバレるから、専ら使うのは出会い系サイトです。

 

この前出会い系サイトで知り合った女性は、今まで会った中でもレベルが高かったです。

 

20代半ばの子で、見た目は芸能人なら堀北真希、胸はFカップでその胸の大きさがコンプレックスだと言っていました。

 

たまたま掲示板で真希ちゃん(仮名)が「今から会ってくれる人いませんか」なんて書き込みしているのを見つけたんです。

 

その日は残業もなくて19時に仕事が終わってそのまま帰ろうとしていたから、チャンスだと思いました。

 

すぐ真希ちゃんへ「今○○にいるから、そっちまで20分くらいでつくよ!」と送ると、「じゃあ、会いましょう」とOKしてくれたんです。

 

結構遊び慣れた子なのかなと思いつつ、でもそういう子の方が会ってすぐH出来るなと期待に胸を膨らませながら向かいました。

 

出会い系サイトには真希ちゃんの写メが載っていて、顔はちょっとスタンプで隠れているけれど、結構可愛い感じだったんです。

 

実際会ってみても「堀北真希そっくりだ」と思える程、細くて透明感があって、胸がでかい子でした。

 

車で来ていたのでそのままドライブへ行こうと言う事になり、真希ちゃんを助手席に乗せました。

 

景色のいい、人気の少ない場所へ向かいながら聞いた話では、真希ちゃんはどうやら処女のようなんです。

 

付き合った事はあるけど勇気が出なくて、だから出会い系で慣れようと思ったと言って俯く姿も凄く可愛かったですね。

 

そのまま夜景の綺麗な場所まで行って、車の中から眺めていました。

 

真希ちゃんは会った時よりかなり打ち解けていたので、いけるかなと思って手を繋いだんです。

 

そのままこっちに引っ張って、そして空いている手で真希ちゃんの顔をそっと持ち上げてキスしました。

 

流石に処女と言ってもキスをした事はあったようで、真希ちゃんはすんなり受け入れました。

 

俺の舌で真希ちゃんの唇をつんつんすると、おずおずと唇を開いたのでそのまま舌を入れました。

 

ディープキスにはあまり慣れていないのか、「ふ、んぅ…」と息を漏らしながらキスを必死に受け止めていました。

 

真希ちゃんがキスに夢中になっている間に、真希ちゃんのトップスの裾から手を滑り込ませて、胸を触りました。

 

ブラをずらして乳首を摘まんだり引っ張ったりすると、真希ちゃんは「は、あ、あ、やめ…」とちょっと拒否したんです。

 

でもそのまま何も言わずにもう片方の手で真希ちゃんのスカートをたくし上げて下着の上から股間を触ると、少し湿っていました。

 

「気持ちいいんでしょ?処女なのにHだね」と言葉責めしながら、今度は耳の穴に舌を入れてびちゃびちゃと舐めると、真希ちゃんは何も言えないようでした。

 

段々俺も勃起してきたので、真希ちゃんに「これ舐めて」と言って、ズボンのチャックを開けてちんこを出しました。

 

助手席のシートを倒して真希ちゃんをうつ伏せにして、真希ちゃんの顔の辺りにちんこを持っていったんです。

 

真希ちゃんは戸惑っていたようですが、「ほら、早く舐めてくれたらこれ入れてあげるよ」と言うと、小さい口の中に俺のちんこを含みました。

 

ちんこを舐めた事はあるのか、下手ですが歯が当たったりする事はありません。

 

でももどかしかったので、ちょっと真希ちゃんの頬の内側にちんこの先を押し付けてぐりぐりしたり、舌に押し付けました。

 

「あぐ、ん、んっんっ」と苦しそうに涙を滲ませながらも必死で舐める顔が、すごく興奮しました。

 

そのままだと口の中に出してしまうので、それは勿体無いと思ってすぐ口からちんこを引き抜いて、次にパイズリしました。

 

妻は胸が小さい方なのでパイズリは一度やってみたかったんです。

 

真希ちゃんの胸で俺のちんこを挟んで前後に動かすと、真希ちゃんは「んぁ、ぁ、恥ずかしい、これ嫌です、うぁ」とちっとも嫌じゃなさそうに喘ぎました。

 

そのままパイズリを堪能した後は、漸く真希ちゃんのパンツを下ろしました。

 

清楚な見た目とは違って下着は赤で、結構派手です。

 

「こういうの履くんだね。今日H出来るかもって期待してたんだ」と言いながらパンツの中に隠れていた真希ちゃんのあそこに、ちんこをあてがったんです。

 

一応妊娠してはいけないのでポケットに入れていたゴムをつけようとすると、ちょっと腰を前後に揺らしながら「もう、いいから、ゴムいらないから」と言いました。

 

「いいの?」と言いつつ妻以外で久しぶりに生でH出来る事に興奮して、そのままちんこを真希ちゃんのあそこに押し付けたんです。

 

すぐには入れないで2、3回擦りつけると、「は、はや、早く…」と真希ちゃんが腰を更に揺らしました。

 

真希ちゃんも処女で初めて入れられる事に怖いという気持ちはあったようですが、快感には勝てないのでしょう。

 

片手で真希ちゃんの腰を掴んで、もう片方でクリを触りつつあそこに少しずつ入れていくと、真希ちゃんは「あ、あ、」と言いながら両腕で顔を隠しました。

 

「顔見せてよ」と言って真希ちゃんに覆いかぶさって、腕を頭の上にひとまとめにして、そのまま更に挿入すると、真希ちゃんは泣きだしました。

 

「気持ちいんでしょ?」と聞くと「は、恥ずかしい」と言うので、「これからもっと恥ずかしい事するよ」と言って、腰を前後に揺すったんです。

 

ゆっくり引き抜いて、思いっきり奥までちんこを入れるようにしていると、真希ちゃんは「は、あ、あっあっあっあっ」と喘ぎながら涙を流します。

 

嫌で泣いているのではなく、どうやら気持ちよくて泣いているようでした。

 

胸を揉んだりクリを触りながら出し入れしていると、真希ちゃんの白いお腹がぴくっと痙攣しました。

 

「ひぅっ」と喘いで、真希ちゃんがイッた拍子に膣がビクビクと収縮するので、ちんこが絞られているようで刺激が強かったです。

 

流石に我慢できなくてそのまま俺もイキましたが、そのまま終わるのは消化不良なのでちんこを出さずに、真希ちゃんをうつ伏せにしてグラインドを再開しました。

 

正常位よりもうつ伏せでバックからの方が、どうやら刺激が強いようです。

 

細い腰を掴んでお尻だけ突き出した状態で入れると、先程より奥に届きました。

 

「あ、もう、もう、やら、あぁ」と言いながらも、真希ちゃんの膣は俺のちんこを離しません。

 

その内「あ、んあっ、いく、いく」と言ったかと思うと、また痙攣してイキました。

 

俺もまた膣の収縮の刺激でイったんです。

 

Hが終った後は2人とも無言で、車に置いていたウェットティッシュで体を拭きました。

 

真希ちゃんを家の近くまで送ると、「初めて、捨てられて良かったです」とさっぱりした顔で去っていきました。

 

一応LINEの交換もしていたので、その後もたまに会っています。

 

真希ちゃんは彼氏も出来て彼氏ともH成功したようで、俺も真希ちゃんと時々H出来るので良い関係ですね。

 

出会い系サイトは感度が良い可愛い顔の女性が、結構揃っているのでおすすめです。

セフレ募集サイト