セフレサイトの掲示板を上手く活用しよう!|メル友からセフレを作る方法

セフレサイトの掲示板を上手く活用しよう!

 

セフレサイトでメル友を募集している女性に対し、あなたからメールを送っても女性の食いつきが悪い時などは、「掲示板に書き込んで待つ」という方法に切り替えよう。

 

このとき、あなたが募集する女性の年齢や地域などのカテゴリーを絞ったら、ダラダラと長い文章を書くのは逆効果になってしまう。

 

 

私がある人妻Kさんと知り合ったきっかけも、

 

「真面目にメル友を募集しています。私は○○歳の会社員です。どこにでもいる普通の男です。笑」

 

実はこう書いただけなのだ。

 

Kさんからすれば「これくらいサッパリした文章のほうがメールを送りやすかった」とのこと。

 

セフレサイトを使えば、この程度の短い文章でも何人かの女性からはメールが届く。

 

 

どうしてもサクラが心配な場合は、ここでちょっとした仕掛けをしておこう。

 

相手の文面などはほぼ無視して、

 

「メールありがとうございます!私の携帯アドレスはこれなので、良かったらメール下さい。(携帯アドレス)」

 

と送っておく。

 

これに返信してきて、携帯に直接メールがきた女性とだけやり取りするのだ。

 

 

「まだ早いですよ」などと言ってる女性は全員ではないにしろ、サクラの可能性が高いので、ある程度の期間はメールをしてみて、ダメそうだったら切ったほうがいい。

 

どんなに魅力的な写メが添付されていても、ここはグッと我慢して次の女性にメールを送ったほうが効率的だ。

 

 

ところで、真面目なメル友からセフレになるきっかけとはどのようなものがあるだろうか?

 

私はこの方法ですぐに直メール交換に持ち込み、セフレになったのが前述した人妻のKさんだ。

 

 

彼女は最初の頃は、私と会うことなど全く考えておらず、「真面目にメル友が欲しかっただけ」と言っていた。

 

メールをするときには、女性の希望に答えたり、相手のタイプに合わせたほうが効果的だ。

 

そのため、私はKさんに対しては真面目なスタンスで接することにしたのだ。

 

 

そこから「おはようございます!今日も一日頑張りましょう!」などと、毎日の些細なことをメールしあうメル友としての関係がスタートした。

 

下ネタメールも「会おうよ」と言うことも言われることもなく、子供同士がするような純粋なメールを毎日数通やり取りしていた。

 

 

メル友としての付き合いを続けていれば必ずと言っていいほど、女性は気を許した相手に悩みや相談ごとを打ち明け始める。

 

そもそも心身共に充実している女性ならば、セフレサイトの掲示板など使うはずがないのだから。

 

 

私の場合は2週間ほどしてから、Kさんもまた旦那や家庭のプライベートな悩みをメールに書いて送ってきた。

 

「旦那に対する愛情はとっくに冷めているのに、頻繁にセックスを求められるのが嫌でたまらない」という内容の悩みだったことを覚えている。

 

 

普通なら逆の意味での悩みが多いのだろうが、性に関する悩みという点では同じだろう。

 

ここで、相手の心に入り込むゴーサインとみなすのである。

セフレ募集サイト

セフレサイトの掲示板を上手く活用しよう!|メル友からセフレを作る方法関連ページ

メル友を沢山作ろう!|メル友からセフレを作る方法
メル友をたくさん作ることは、セフレ作りにおいてメリットだらけと言える。メル友を量産すべき理由について、これからご紹介しよう。
メル友攻略法|メル友からセフレを作る方法
セフレ出会い系サイトの『ピュア掲示板』、『アダルト掲示板』を活用してメル友を作り、セフレにする方法を公開しよう。この2つの掲示板をマスターすることで、セフレを簡単に量産していくことができるのだ。