キャバ嬢とセックスするには?|キャバ嬢のセフレを作る方法

キャバ嬢とセックスするには?

 

「キャバ嬢とセックスしたい」

 

それは、キャバクラに通ったことのある男性なら、誰しもが思い描くことだろう。

 

最近のキャバ嬢は本当に可愛い女の子が多いし、美人なキャストもかなり増えてきている。

 

 

私は一時期、彼女たちの巧みなトークと営業にやられて、キャバクラに何十万というお金を使ったことがあった。

 

しかし、お金を使えば使うほど仲良くなれるというのは幻想で、結局はセックスはおろか、個人的なデートをすることもできなかったのだ。

 

 

もちろん、セックスをするだけなら風俗に行けばいい。

 

「可愛い風俗嬢に当たればラッキー」というワクワク気分で、あらゆるプレイを楽しむことができるのだから。

 

 

しかしそれでも、やはり「出費がかさんでしまう」という痛いデメリットがある。

 

なぜ私はキャバクラに大金をつぎ込んでしまったのだろうか?

 

キャバクラに行ったことがない人にとっては理解できないだろうが、それだけキャバ嬢という存在は魅力的に感じるのだ。

 

 

キャバ嬢のセフレを作ることができれば、男としての揺るぎない自信へと繋がるし、自分のステータスにもなるのだから。

 

まあ、そのときはキャバクラに完全にハマっていて、自分を見失っていたのだろうが・・・。笑

 

 

そして現在では、私はキャバ嬢のセフレを作ることもできた。

 

数々の失敗を繰り返し、成功へのプロセスを発見することができたからだ。

 

キャバ嬢を落としてセックスするのは、素人の女性を落とすことよりも達成感のレベルが段違いだ。

 

 

もちろん、私は自分が魅力的だとは思っていないし、そこそこのトーク力しか持ち合わせていない。

 

プロ意識が非常に高い女の子が多い、ナンバー入りしているキャバ嬢とセックスしたわけでもない。

 

むしろあまり売れていなかったり、新人のキャバ嬢を狙っているのがポイントだ。

 

 

それでもキャバ嬢には変わりがないし、ときにはそこそこ可愛い女の子とセックスできたりもする。

 

ここだけの話、キャバ嬢は接客していないときは待機席にいるのだが、そこでセフレサイトや出会い系サイトを利用している女の子が多いのだ。

 

それも、「ただ暇だから」などの理由ではなく、それらのサイトを通じて営業をかけられる男性を探しているのである。

 

 

彼女たちにはほとんどの場合、同伴やアフターなどのノルマがある。

 

ノルマがないお店もまれにあるが、キャバ嬢のプライドの問題で「指名が獲れなきゃ店にいづらい」などと考えている女の子も多い。

 

そのため、あらゆるツールを利用して、キャバクラに興味のある男性を探そうとしているのだ。

 

 

それでは、彼女たちはセフレサイトや出会い系サイトで出会った男性をどうするのだろうか?

 

中には会った男性と軽くご飯を食べただけで、そのまま同伴させるというパワープレイをしている女の子もいる。

 

そのいったサイトに登録したことがある人ならわかるだろうが、プロフィール欄の職業を堂々と「キャバ嬢」と書いている女の子も多い。

 

 

そのため、

 

「キャバクラ好きの会社員です!たまにプライベートでも遊んでくれるなら、同伴したりお店に指名しに行ってもいいですよ!どうしても信用できなければ、会ったときにお店に行ってもOKです!」

 

などのメールを送れば、かなり高い確率で返信がくる。

 

 

その後は男性を逃したくないばかりに、彼女たちは頻繁に連絡をくれるようになる。

 

そこをウマくやり繰りして、お店に行くことを軽く匂わせれば、すぐにでも会えてしまうのだ。

 

 

彼女たちとは特に仲良くなる必要がないため、あなたからそんなにメールを送らなくても問題はない。

 

「セフレサイトで女性と会えない」と嘆いている男性のほとんどは、リスクを負わずにセックスしようとしているから会えないのだ。

 

メールをしている段階で相手が求めていることを察知し、それを的確に与えてあげれば、約束を取り付けて会うことはとても簡単になってくる。

 

 

そして彼女たちと無事に会うことができたなら、ここからがテクニックの見せどころだ。

 

せっかく会うことができたのに、「お店でお金を使っただけでセックスできなかった!」なんてことになると、無駄足になってしまう。

 

そこで、軽く遊んでお店に行く前に「お店に行くからホテルに行こう。そうしてくれないと同伴しないよ」などと強気で言えばいい。

 

 

キャバ嬢が同伴する場合は、あらかじめお店に「今日は同伴します」と伝えていることが多い。

 

そのため、彼女たちからすれば「今日の同伴はキャンセルになりました」とは言いにくいのだ。

 

 

しかも直前で交渉されるとなると、キャバ嬢と言えども少なからず動揺するし、断りづらくなるものである。

 

私はこの黄金パターンで、かなりの人数のキャバ嬢とセックスすることができた。

 

セックスした後は、相手がなんと言おうとお店に行かずに帰ることも可能なのだが、それはかなり人道的にマズイ。笑

 

せっかく体を張ってくれたのだから、そこはきちんと約束を守ってあげるべきだろう。

 

、「枕営業はしない」という信念を持っているキャバ嬢もいるから、その場合は素直に諦めて別のキャバ嬢を探したほうがいいだろう。

セフレ募集サイト

キャバ嬢とセックスするには?|キャバ嬢のセフレを作る方法関連ページ

キャバ嬢の本質|キャバ嬢のセフレを作るために知っておこう
キャバ嬢を口説いてセフレにすることが難しい理由は2つある。逆に言うと、その2つを知って対策をすれば、キャバ嬢をセフレにすることはとっても簡単だ。
キャバ嬢をセフレにする|キャバ嬢のセフレを作る方法
キャバ嬢やお水関係の女性をセフレにすることは案外難しくない。しかし、ある”ツボ”を押さえなければ、無理だ。これからそのツボ、セフレ作りノウハウをお教えしよう。