30代女性のセフレを作る秘訣とは!?

30代女性のセフレを作る

 

@30代は「癒し」を求める年代である

 

基本的に彼女たちは、癒されたい生き物でもある。

 

これは断言できるし、既婚であれ独身であれ、ほとんどの女性がストレスを溜め込んでいることが多い。

 

既婚者であれば、日常的な家事や育児などのルーチンワーク。

 

独身者であれば、仕事のプレッシャーや職場の人間関係、または結婚への焦り。

 

このような環境から、とにかく少しでもいいので逃げれられる時間が欲しいのだ。

 

そのため、『セフレ出会い系サイト』でよく見かける30代女性のほとんどは、男性から与えられる「癒し」が目的のようである。

 

 

セフレになりやすい30代女性の特徴としては、

 

「普段よく遊ぶ女友達は少ない」

 

「控えめで寂しがりや」

 

「家事や仕事に関する愚痴が多い」

 

などが多い。

 

また、「ストレスを発散したい」というよりは、「気を許せる男性とのんびり一緒に過ごしたい」という願望が強いもの。

 

この心理も、30代女性特有のものだと言える。

 

 

A「女」として接するのが吉

 

独身や既婚者の30代女性の多くは、20代の頃に比べて「女性としての自信」が揺らぎはじめている。

 

それを再確認するための一番の裏づけとしては、やはり「男性からの視点」である。

 

要するに、男性と一緒にいるときに「自分はセックスの対象として見られているか?」ということ。

 

 

「じゃあセフレにするのは簡単なのでは?」と思うかもしれないが、実はそうではないのだ。

 

「セックスの対象でありたい」ということは、必ずしも「セックスしたい」ということには繋がらないからだ。

 

前者は、あくまでも自分の魅力を「確認・認識」して自己満足するためのもの。

 

もちろん、相手の女性のコンプレックスなどを詮索することは絶対にしてはいけない。

 

その女性の日常的な変化に目を光らせ、ピンポイントで具体的に褒めてあげよう。

 

 

「女性」と言うのも、30代を指すことが多くなっているような気がする。

 

「セックスしたい」という願望と、恋愛感情を本当の意味で区別できるのも、経験豊富なこの年代の女性からだろう。

 

独身や既婚を問わず、仕事や家庭での様々なストレスがあるのか、「癒されたい」というオーラをかなり感じる。

 

30代女性のこのような心理をきちんと理解し、的確な行動をしていれば、セフレを作ることはとても簡単なのだ。

セフレ募集サイト