10代の若い女の子とセックスし、セフレにする必勝パターンとは!?

10代の若い女の子とセックスし、セフレにする必勝パターンとは!?

 

@10代女の子の特徴

 

基本的に10代の女の子たちは、男性に依存するタイプが多い。

 

自分が「いかに必要とされているか」「大事にされてるか」などが彼女たちのステータスでもあるのだ。

 

そして、それを十分に実感できないと不安でしょうがない傾向がある。

 

そのため、セフレになりやすいのは

 

「彼氏はいるけどマンネリ化してる」

 

「彼氏はいるけど大事にされてない」

 

この2つのタイプの女の子たちだ。

 

 

セフレサイトで出会いを探している女の子も、ほとんどがこの2パターンに当てはまる。

 

逆に「彼氏もいないし、男性経験も浅い」ような女の子は、上手く丸め込まないとセックスした後が怖いから注意するべきだ。

 

10代といえば生活が派手で、「男は見た目重視」のように考えている女の子が多いと思われがちだ。

 

しかし、実は逆のパターンが多く、「生活は地味だけど、休みは家で好きなことをしたい」という女の子が多いのだ。

 

もちろん女の子にもよるのだろうが、実際にセフレサイトの掲示板でも、そういう人を休日に見かけることがよくある。

 

 

Aまずはメル友になる

 

まずはこまめにメールを送ろう、これだけは欠かさずにやっておいたほうがいい。

 

@でも述べたように、「大事にされたい」という願望の強い女の子が多いので、これだけでも好感度はかなり上がる。

 

のちに解説させて頂くが、セックスに関しても同じことが言える。

 

あなたが忙しかったとしても、連絡をしないということは避け、状況を伝えるだけでもいいのだ。

 

私は過去に一度ある女の子と、「おはよー、今日は天気いいね!お互い頑張ろう!」「今日も疲れたよー、○○ちゃんまだ起きてる?」のような、一日二通のメールをやり取りしていたことがあった。

 

こんなメールを毎日送っているだけで、一ヵ月後には「会いたいな」と女の子のほうから誘ってきたのだ。

 

もちろん会っただけではなく、ちゃんとヤることはヤって、その後にセフレの関係になることができた。

 

 

これはほんの一例だが、とにもかくにも10代の女の子を落とすにはメル友から仲良くなっていく、これは王道パターンである。

 

10代の女の子は精神的にも未熟で、大人の階段を登っている途中だ。

 

そのため、「セックスだけの関係」には強い期待と、大人の関係に対しての憧れがある。

 

 

しかし逆に言えば、それと同じくらいの不安があることも事実だ。

 

彼女たちに対しては、その不安さえあなたが取り除いてあげれば、後腐れがないセフレの関係を長く続けることができるだろう。

 

いずれにしろ焦りは禁物、メル友から信頼関係を築いていき、ゆっくり時間を掛けて攻略しよう。

セフレ募集サイト