風俗嬢のセフレを作る方法

風俗嬢のセフレを作る方法

 

風俗嬢をセフレにする魅力とは?

 

『セフレ出会い系サイト』で出会った女性を恋人やセフレにするのは、実は簡単でお金もかからないことは何度も述べた。

 

しかし男性の中には、「素人やウブな女性よりも、テクニックのあるエッチ慣れした女性」をセフレにしたいと考えている人も多い。

 

そういう男性は、『風俗嬢』を恋人やセフレにしてしまうことを強くオススメする。

 

 

これは実は意外と簡単で、初期投資さえあれば誰にでも実現できる方法なのだ。

 

しかも、基本的に風俗嬢はルックスやスタイルの質が高い女性が多く、しかもセックステクニックにも特化している。

 

もちろんそういう仕事をしているのだから、そのような条件は必須なのだろう。

 

 

だからこそ、彼女たちをセフレにしたときの喜びはひとしおだし、ホテルに行って極上のセックスを味わうこともできる。

 

もし実現できたとしたら、ほとんどの男性にとっては夢のような話ではないだろうか?

 

風俗嬢のセフレを作りたいなら、熟女専門のデリヘルがオススメだ。

 

そういった女性は、例外なくセックスや人生経験が豊富で、しかも個人的に会える可能性も高くなる。

 

 

最初に店に行くときにお金がかかるのは少し痛いが、確実に熟女に出会えるし、その後の発展も期待できる。

 

風俗店に登録している熟女は、お店で面接を受けて選別されているので、パンチの効いた女性はまずいないと考えていい。

 

 

また、最近のデリヘルのほとんどはネットで事前に顔がわかるし、顔出しNGでも雰囲気などからおおよそ想像ができるので、大きくハズす心配もいらない。

 

そして、風俗の仕事をしている熟女や人妻は、お金にも困っているのだが、男性の優しさや愛情に飢えている女性がほとんどなのだ。

 

だからこそ、そこが一番の狙い目にもなってくる。

 

 

また、風俗嬢には基本的には彼氏がいないと思っていい。

 

仮にいたとしても、そういう仕事をしている以上、彼氏との関係はあまり良くなかったり、こじれてしまっていることが多い。

 

常識的に考えてみても、大好きで仕方がない彼氏がいたら、そもそも風俗嬢になるはずがないのだから。

 

 

もっとも、その女性の経済状況で仕方なく風俗嬢になった、というケースは圧倒的に多いのだが。

 

さらに、店の風俗嬢同士ではコミュニケーションが少なく、そして彼氏がいないということになれば精神的に孤独を感じている。

 

彼女たちを精神的に満たしてあげることさえできれば、そこに大きなチャンスが存在するというワケだ。

 

 

いずれにしろ、風俗嬢のセフレを作りたいのであれば、最初の頃はお金を惜しまないほうがいい。

 

もしどうしてもお金を使いたくないというようであれば、当サイトでご紹介している優良セフレサイトを利用して探すと良いだろう。

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

 

風俗嬢の考え方とは?

 

夜の世界で働く彼女たちは、仕事をしている中で色々な考え方や価値観を作り出していく。

 

では、彼女たちはセフレのことをどのように考えているのだろうか?

 

私が考察した結果を、記事として執筆していく。

 

 

ある風俗嬢の元セフレに、男性がセフレを作るときにどうしたらいいかを聞いてみた。

 

すると、「そんなん、体だけの関係でOKか、簡単にヤれる軽い女と出会う回数を増やすしかないんじゃない?」とのこと。

 

確かにおっしゃるとおりだ、要するに色々な女性と出会って、場数を踏んでいったほうがセフレを作りやすくなるし、効率的でもある。

 

 

それでは、どうやってそのような女性に出会う回数を増やせばいいのだろう?

 

先ほど述べたように、やはり安い風俗店に行くのが一番手っ取り早い。

 

もしくは『セフレ出会い系サイト』で、風俗嬢か軽そうな女性見つけてメールをバンバン送っていくべきだろう。

 

 

私の場合はほとんど風俗店には行かず、前述したセフレサイトでかなりの人数と出会っている。

 

そのほうがお金もかからないし、そういった人たちの比率も高いからだ。

 

店に行けばすぐにセックスできるのだが、それも大切なお金にはかえられない。

 

 

ちなみに、今のセフレも元セクキャバの女の子であり、セフレサイトで知り合った相手だ。

 

あくまでも経験論なのだが、セクキャバとかお触りパブのような、「お触りはOKだけど抜きはなしです!」という店の女の子の方が、抜きありの女の子よりも難易度は低く感じる。

 

つまり、「エステ・マッサージ・耳かき」などの風俗店で働いている女の子たちのことだ。

 

 

「耳かき店は風俗に入るのか?」という質問が聞こえてきそうだが、実はそういった店でも「裏メニュー」が存在している店は意外に多い。

 

つまり、表面上は風俗店ではないのだが、内部では性的サービスをしているということも結構あるのだ。

 

抜きありの風俗店で働いている女の子はやはり、色々と切羽つまった事情を抱えている人が多いように思われる。

 

 

お金を稼ぐことで頭がいっぱいで、セフレどころじゃないのかもしれない。

 

逆にお触りありの抜きなしの風俗店で働く女の子は、なんとなくバイトの延長線上という形で働いていたりする。

 

そのため、抜きありの店で働くほど経済的には大丈夫だが、お触りを許しているぶんスキがあることも事実だ。

 

 

以上、私の経験から風俗嬢のセフレに対する考え方を述べさせて頂いた。

 

いかがだっただろうか?

 

かなり的を射てると思うので、彼女たちをセフレにする際の参考にでもして頂ければ幸いである。

 

 

風俗嬢をセフレにするには?

 

日々自らの体を張って仕事をしている風俗嬢たち。

 

彼女たちに当たる客はイケメンというわけではない、むしろ嫌な客のほうがその何倍も多いのだ。

 

その仕事に対するプロ意識は尊敬に値するし、並大抵の精神力でできることではない。

 

だが、いくらメンタルが強いといっても、大きなストレスを溜め込むことは確かだし、その重みに耐え切れずに病んでしまうこともある。

 

そのため、『セフレ出会い系サイト』で彼女たちと出会った場合、まずはじっくりと話を聞いて、そのストレスを解消してあげることだ。

 

だが、そういった背景があるからこそ、黄金パターンを用いればセフレにすることは難しくない。

 

 

たとえば、ホテヘルやデリヘルなどの風俗でも、実際に行きさえすれば簡単にセフレを作ることができる。

 

とくに人妻系の風俗嬢は、あなたから「連絡先を交換しよう」と言ってもすぐに教えてくれるし、相手から言ってくることもある。

 

いざ彼女たちと「客として」会うことになったら、セックスするホテルの地区に詳しくないふりをしてみよう。

 

そして「お腹がすいたから美味しい店とか知らない?」などと言えば、ほとんどの女性は「あそこがオススメだよー!」などと言ってくるし、実際に一緒に軽く遊ぶこともできる。

 

 

ちなみに、お店を辞める予定が近い風俗嬢が狙い目だ。

 

私の経験上は、「50分12000円前後」の安めな店が狙い目だと感じる。

 

本番をしたいときに、お金を上乗せしてセックスできるのは、中国人や韓国人の女性が圧倒的に多い。

 

彼女たちはお金欲しさに働いているから、店にマージンを払わなくてもすむため、プライベートでも個人的に会ってくれやすいのだ。

セフレ募集サイト